PIC_インプラント

インプラントは一部の医療保険で使えることがわかりました

二年ほど前にインプラントで1本奥歯を入れましたが、その時に医者から言われた話で、先進医療特約のついた医療保険では補償の対象になるとの話を聞きました。
そこで我が家でも調べてみたのですが、実はこれは条件があることがわかりました。
通常の入れ歯では咀嚼機能の回復が困難な場合という条件がついているようです。
しかも先進医療特約というものに入っている必要があるということですから、この条件を満たすのはかなり難しいことがわかりました。
つまり普通の入れ歯で飲み食いが出来る状態では支払いの対象にならないということなのだそうです。
しかもその可否をだれが認めるのかはなかなか難しいところがあって、殆どの場合が支払いの対象からはずされることになるようです。
歯医者さんでは判断できないという話でしたから、最初から保険会社とよく話をする必要があるようです。
基本的に自分の判断でインプラントにする場合には支払われる可能性は極めて低いということです。
条件が適合するケースというのは、あごが萎縮してしまって、総入れ歯などを入れてもうまく食事ができずにはずれてしまうといった極めて特殊な状況が想定されるようで、このケースに適合し、それを証明するのはかなり難しそうです。
申請を出してから保険会社のほうで審査することになるようですが、一応規定としては事前に審査に通るかどうか確認してから施術することはできるようです。
したがって保険金カバーを最初から狙っていると、該当からはずされることになる可能性が高いので気をつけたほうがいいようです。
したがって、殆どの場合、インプラントを医療保険などでカバーすることはできないということです。
それでも歯医者さん曰く、一応保険の対象になる場合があると呼んでいるそうです。
まあ確かに嘘ではないですが、本当でもないような話ですね。
それ以外では、いまのところ対象としてくれるような特別な保険はないようなので、自前で高額負担をして、確定申告のときにある程度税金で還付をうけて取り戻すのが、ベストということになるようです。
実際医療保険の対象になったとしてもいくらまでが算定基準になるのかも相当難しいようです。
というのもほとんど歯医者によって値段がまちまちで標準化が進んでいないから、こういう状況になるようです。
この領域の歯科医療関連をカバーできる保険ができると、きっともっと人気が高まることになるのではないでしょうか。

↑こちらでは日本でのインプラント事情や良いクリニックの選び方などが載っています。
とても参考になるサイトなので是非ご覧ください。


↑インプラントと義歯の違いはこちらに載っています。

MENU