PIC_インプラント

生命保険の先進医療特約で条件つきで利用できるインプラント

インプラントを2年以上前に一本奥歯で治療を行ったときに、生命保険の医療保険や 先進医療特約などで保険料がカバーできないか歯科医に確認をしたことがあります。
基本的に適用の可否は保険会社が決めるものだそうで、歯科医としてはどうすることもできないそうですが、生命保険のなかで高度先進医療の特約などに入っていますと、こうした治療が条件つきで費用保障を受けられることになることをシリマシタ。
ただ、この条件というのは、通常の脱着式の既存入れ歯ではものをうまく咀嚼して食べることができないような状況でインプラントによる固定が必須の状況のときのみに適用されるということだそうです。
したがってこうした保険に加入していても、そうとう条件は絞られることになります。
とにかく個人の判断として歯を失ったときにインプラントで手術して人工歯を入れることを決めてしまっても保険の適用にはならないようで、仮に該当するとしても事前に保険会社に対してその詳細な適用条件と適用除外条件を確認しておかれることが必要であろうと思います。
この治療は、ほとんど全額が健康保険診療外の治療方法になりますので金額はかなり高額になります。
また治療費も医師によって、いまだにかなりばらつきがありますので、まず複数の医院にコンタクトをして総費用がどのぐらいになるのかを見積もってもらい、相対的な価格評価で、料金と対応、ならびに医師の実績などから判断してどの医院の世話になるべきかと判断する必要があります。
しかし手術はかなり標準化が進んでいるようで、リスクもそれなりに低くなってきていることから生命保険の適用の可否とは別に、この治療法を選ぶことをお勧めしたいと思います。
それというのも、あごの骨に台座が安定的に固定さえされれば、施術後は本当に自分の歯以上に硬いものをかむことができるようになり、完全に失った歯の機能を取り戻すことができるからです。
確かに費用の問題は大きいですが、それ以上に効果を発揮することも事実であり、利用できる余力があるのであればぜひこの治療法をお勧めしたいものです。
それだけ高い満足度を得られる治療法であるといえます。
実施する歯の部位によっても堅牢性には違いがあるようですが、少なくとも下の歯の奥歯については重力方向に設置していることもあり、非常にしっかりと固定され、自分の歯以上の力を発揮することになります。
セラミックの歯の見栄えも非常によく、満足度の高い治療です。

MENU