PIC_インプラント

インプラントの利点、メリットについて

左の下の歯の奥歯から二本目を一本だけインプラントにしましたので、そのことについてご説明します。
基本的なインプラント治療の流れはこちらに載っています。

術後すでに1年半以上経過していますので、これまでに気づいた利点などについて記しますと、まず相当硬いものでも平気で噛めることです。
もちろんきちんと定着してからの話ですが、下の奥歯であることも救われているようで、噛む力が衰えないというのは大きなメリットです。
また通常の生活では普通の歯と同じように手入れをするだけで問題なく、半年程度に一回歯医者に見てもらってチェックをしていますので、ついでにほかの歯のことも相談にのってもらえますので、常に歯に注意がいくようになったのは大きな利点ではないかと思っています。
それと、歯のかみ合わせがよくなると体全体の調子が良くなりますし、大きな力を出すこともできるのでとても健康になったような気がします。
また食べ物のことを気にせず何でも食べれるので、それも偏食をなくしてとてもいいと感じている次第です。
また目の疲れや肩こりなども減った気がします。
これは正直、そういう印象があるだけでインプラントとの関係ははっきりしませんが、術後の感想としてはそういうものもあります。
基本的に両側の奥歯できちんとモノが噛めるというのは非常に体のバランスを維持するのに役立っているのではないかと思っています。
やはり片方を優先させて噛むというのは色々な意味で体に負担をかけているようで、その改善効果なのではないかと思っています。
ただ、一本だけが非常に強い歯になってしまっているので、この先周辺の歯がだめになっていく過程でどのようにしていくのかはひとつ気になるところではあります。
先生曰く、ほかの歯は大切にすればまだまだ使えるので、バランスのことは考えなくてもいいということなのですが、チタンの入った台座はあきらかにしっかりしており、この先がどうなるのかが個人的にはもっとも注目している事項です。
また、できるだけ歯茎もマッサージするようにしていますので周辺の歯の歯周病予防はついでのことではありますが、プラスに働いているのではないかと思います。
日ごろ歯のことというのはそんなに気にしていたわけではないのですが、こうしてインプラントが一本入っただけでもかなり気にするようになり、それが歯のケアにつなかっていると強く感じています。
最大のメリットはそうしたケアする気持ちが強く芽生えたということではないでしょうか。
インプラント治療にかかる期間や成功のカギを握る病院選びのポイントがこちらにかかれていますので是非ご覧ください。
また、インプラント治療で起きるデメリットについてこちらにまとめてありますのでこちらもご覧ください。

MENU