PIC_インプラント

インプラントにモニター制度があることを知りました

2年ほど前にインプラントの手術を受けるため歯科医院を数箇所あたって金額や条件などを調べましたが、審美歯科によってはモニター制度をとっている医院があることがわかりました。
これは学会などでその施術例を発表するために写真撮影などを多く行うもので、実際にモニターになりますと顔をうつさない条件つきでその事例の写真を撮影だれることになり、経年変化について発表の対象となっていきます。
その謝礼として治療費の約20%が値引きとなるようで、割引率については各歯科医院によって違うようですが、概ねこの程度のディスカウントを受けることができるものです。
私の場合もモニターに応募することを考えましたが、実は2割値引きをしてもらうよりもはるかに安い歯科医院をみつけてそちらのお世話になることとなったため、結果的にはこの募集にはのりませんでした。
しかし、施術例が多岐にわたるような場合にはこうした制度に応募してお世話になるとかなり安くしてもらえるようなので検討してみる余地はあるのではないでしょうか。
また学会などでこうした事例を積極的に発表しようとする歯科医院は情報の公開に積極的であるため、ある意味で技術面の習得にも積極的な先生が多いことからお勧めできる歯科であるともいえます。
いくつかの医院にうかがって話を聞いたり見積もりしてもらったりしましたが、積極的な先生のいる医院はとにかく情報がオープンで、しかも良心的な価格提示をしてくれるところが多いというのが強く印象にのこりました。
やはり研究熱心で技術のシェアに積極的な先生のところにお世話になるのが一番安心だと思います。
実際にこうした積極的な先生のいる医院は施術事例も数多く、場数を踏んでいるからこそ回避できる失敗もあるようで、益々安心な歯科であるともいえるわけです。
またこの治療法は本格的にはじまって10年ちょっとしか歴史のないものですから、できるたけ短期間に精巧事例に接してきていて、しかも失敗事例についても幅広い知見をもっている先生に面倒をみてもらうのが一番安心ですし、なにより話を伺っていますと説得力が違うことを痛感させられました。
また質問にも多角的に答えてもらえますので安心して治療をうける気持ちになったことを今でも覚えております。
割引も重要ですが、信頼できる先生を選べるかどうかがこの治療の最大のポイントだと思います。
ぜひ納得のいく歯科医院を選択して治療をしていただきたいと思います。

MENU