PIC_インプラント

インプラント手術を受けやり直しをする事になりました

以前からあまり調子の良くなかった歯が痛むようになり、歯科医師の治療を受ける事にしました。
歯科医師は、その歯の寿命があまり長くない事を私に告げ、どの様な処置を望むのか聞いてきました。
私は、どうしても入れ歯を入れる気にはならなかったので、インプラント手術をしてみたい。と、歯科医師に話しました。
歯科医師からその手術を受ける事にあたった、治療費の事やメリットとデメリットを話してくれました。
その話を聞いているうちにだんだん治療を受けるのが怖くなって行きました。
又、何人かに一人は、やり直しの手術を再度受けないといけないらしく、どうしたら良いのか途方に暮れてしまいました。
そんな私の気持ちを察してか、歯科医師は私に少し考える余裕を与えてくれました。
冷静になって家族と一緒に治療を受ける事を話し合って欲しいとの事でした。
その事を家に帰って皆で相談し、治療を受けて見る事になりました。
先々の不安はありましたが、それ以上に今より快適に食べ物を食べると言う事ができると言う希望があったからでした。
思い切ってインプラント手術を受ける事を歯科医師に報告し、予約を取りました。
当日は、物凄く緊張していて、がたがた震えてしまいましたが、何とか気を取り直し、治療に望みました。
治療は無事に済みました。
麻酔が覚めるまで、感覚が全くなく、食事を取る事はできませんでしたが、暫くすると麻酔が覚めてきて、少し痛む様な気がしたので、薬を飲んでその晩は早めに休む事にしました。
次の日になっても痛みが取れず、暫くは薬を飲んで我慢していましたが、どうしても痛みが治まってこなかったので、歯科医院に連絡するとすぐに来て欲しいとの事だったので、歯科医院に向いました。
歯科医師は、まだ何とも言えないけれど、もし、このまま痛みが取れない様だと治療のやり直しをする事になるかも知れないと告げました。
その言葉を聞いて、思わず座り込んでしまいました。
又、あの思いをしなければならないと思うとやり切れない気がしたのでした。
数日が経過しましたが、相変わらず痛みは取れず、再度、診察を受けましたが、やはりインプラント手術のやり直しをする事になってしまいました。
もう、こうなってしまっては、仕方のない事だと思い、二度目の手術に向いました。
手術が済み家に帰り、同じ様に薬を飲み休む事にしました。
今度は、一度目の手術より落ち着いて望む事ができました。
二度目の手術は無事に上手く行き、今では、何でも美味しく食べられる様になりました。

MENU