PIC_インプラント

インプラント治療の医師と患者さんそれぞれの立場での問題点について

大切な歯が欠損してしまった時、ブリッジや部分入れ歯に変わる自然で審美的な新しい治療方法として広く知られるようになってきましたが。その実際のところはどうなのか、専門性の高い治療のためもあってか両極端な情報が多いようにも感じます。
これは、歯科医師の考え方も同じで推進派の医師と反対派の医師の両極端な先生が多いのではないでしょうか。
わたしは実際に、治療を決めて受けるまでの間に来院した歯科医院では、従来のブリッジ治療を提案される医師が多く、その両方の治療について詳しく説明をして下さった医師が少ないなと感じました。
偏った知識と技量で説明をされても、患者であるわたしからすると「それは先生が出来ないからなのでは」と考えてしまう訳です。
1本の歯が欠損して、その部位をブリッジで治療を行った場合にはその両隣の健康な歯を削らなければ治療は出来ません。
かといって、インプラント治療となるとこちらは歯茎を切開して顎骨を削り人工歯根を埋め込まないといけません。
そして問題なのは、ここで自分がどの治療を選択肢として前向きに正しく検討出来るのかという情報が、治療のハードルの高さと金額しかなかったりすることで。治療を受ける側の問題点の多くは、医師から説明が十分ではなく「歯周病」や「糖尿病」「喫煙」「骨密度」などによって成功率、残存率が変わるということが治療前の情報として知っていないことにあると思います。
その一方で、治療する側の歯科医師にも問題点があり。「技量・知識不足」「経験・熟練不足」という、患者にとって深刻な問題を抱える医師が多いことがあると思います。
更に、そもそもインプラント治療を考える患者さんの多くはわたしのように顎関節症を患っている可能性もあります。
単純に欠損部位に人工歯を入れて終わりですとは、ならない場合もあると思います。
歯茎を切開して顎骨に正確に穴を開け、人工歯根を絶妙に固定させて土台を接合して歯茎を縫合するという一連の作業は、いかに正確にそして、素早く行えるか。この手業の正確さと素早さが治療の成功率と残存率を高めます。が、そんな説明を丁寧に行えるだけの技量のある歯科医師と、不安なまま取りあえず治療を行っているという歯科医師は、分かりやすく区別する必要があると思います。
現在のインプラント認定制度には、これだけ高度で熟練の手業が求められる治療であるにも関らず、認定試験に「実技」が含まれていないのです。
その代わりにあるのが、「治療後3年以上経過の症例が20人以上」ということで、ここのところも患者側からすると良く分からないグレーな問題点であると思います。

MENU