PIC_インプラント

インプラントを奥歯で一本入れて見ました。

二年半ほど前に左の奥歯のおくから日本目の下の葉をインプラントで入れてみました。
実際にかかった期間は歯の診断から終了までほぼ5ヶ月近くかかりました。
金額は20万弱ですが、いまのところ違和感もなく大変しっかりしています。
子供のころから銀をかぶせていた歯なのですが、横から割れてしまい、根も痛んでいたためインプラントを薦められました。
確かに両隣の歯に負担をかけないのと、既に前歯が差し歯なのでこの先インプラントのお世話になる可能性があることから試しに一本やってみよういうことで施術に踏み切りました。
既存の歯は痛んでいましたのであっという間に抜歯できてしまいそこに台座を埋め込む形で進んでいきました。
奥歯でしたのでとくだん仮歯はいれずに定着を待つことになりました。
まず台座をつけるのに相当痛いかと思って覚悟していましたが、もともとの歯が無くなって大穴が開いていたところですから意外とすんなりと収まりました。
ただ違和感はそうとうありましておちつくまでに1ヶ月以上かかったでしょうか。
結局それから定着するまでに3ヶ月ぐらい時間が経過したと思います。
さすがに最新技術ということだけはあって、恐ろしく骨にくいついた状態になりまして、その上にセラミックの歯をねじ込む形になりました。
まあ驚いたことに自分の歯だったときよりも固いものが噛めるようになり、ちょっとしたロボット状態です。
まあ歯の施工位置によっても違うのだとは思いますが、下の歯の場合にはとくにしっかりするようです。
台座さえしっかりできてしまえばあとは普通の歯医者さんの作業と同じで、かみ合いの調整をしてもらってしあげでお終いということでしたが、半年に一度ぐらいチェックしてもらいに通うようにしています。
基本的に5年間のアフターケアをつけてもらっていますので、いまのところ問題はありませんが、万一の場合でも安心です。
最近、服役中のほりえもんの同様の施工をした歯が抜けたそうですが、台座がついていれば簡単に直るものであると担当の先生は胸をはっておっしゃっておりました。
それぐらい台座が抜け落ちることはめったにないようです。
歯磨きなども普通におこなっていて、特別にケアしていることは何もありませんが、とにかくいいお値段なので、歯を大切にしなくてはならないという意識は、非常に高まることだけは間違いありません。
できればこういうもののお世話にならずに健康で自前の歯だけで長生きしたいものです。

MENU