PIC_インプラント

インプラント治療体験から語る治療の流れ

インプラント治療はhttp://digital-word.com/freedom.htmlにもかいてありますが健康保険適用外の治療になりますので、一本あたりでも数十万円かかり、たくさんの本数を治療する場合に至っては数百万円かかることもまれではありません。
その上、治療期間もかなり長くかかります。
私の場合はたくさんの本数を治療しましたが、それだけではなく自分で治療のことについて調べている間に自分の治療が少し難症例に入ることがわかりました。
ですので治療を受ける前には私の症例に十分対応可能な医療機関を探すことからスタートしたのです。
そして、インターネットなどを調べて少し自宅からは離れていますが、通うこと自体は可能なそいて熟練した歯科医のいる歯科医院にお願いすることにしました。
治療の流れとしては、最初に歯科医院での歯の状態などを調べてもらった後、カウンセリングを受けました。
ここで治療の方針や治療費の大体の金額の説明を受けました。
私の場合は事前にかなり調べてから伺いましたのであまり目新しいことはありませんでしたが、難症例の私でも治療可能だということの確信はカウンセリングでうけることができました。
そして実際の治療ですが、まず私の場合は歯周病などや持たない歯などの治療から始まりました。
全体的にインプラントをするわけでしたから、治療がしやすいような下準備という意味がありました。
駄目な歯などを抜いてしまいましたのでその傷などが言えるまで数カ月はかかりました。
そして準備が整ったところで手術を受けました。
私の場合難症例でもありましたので6時間くらいかかりました。
しかし手術自体は成功しましたので、後はインプラント本体があごの骨としっかりと結合するのを待つ状態が結構長くあります。
私の場合は上あごの治療でしたので半年くらいは結合まで時間がかかるのです。
しかしその間に歯がない状態ではだめなので、すぐ仮歯を付ける即時過重と言うやり方で治療をしてもらいました。
そして、手術からあごの骨に結合するまで6ヶ月間は月に一度くらいのペースで通いながら様子を見て、最終的な義歯の調整をしていきます。
そしてようやく6ケ月が経過した頃に仮歯をはずして義歯を付けて治療は終了ということとなるのです。
ざっと治療の流れを述べてきましたが、これは治療法や症例によってさまざまになると思いますが、ちなみに私の場合では初めて歯科医院を訪ねてから治療が終了するまでは一年以上の歳月がかかりました。
しかし、歯科医院に通った回数的には10回くらいだったと記憶しています。
http://www.cement-engineering.com/dek.htmlにかいてあったのですが、インプラントはできないケースもあるそうです。
また、アフターケアをしっかり行ってくっれるクリニックでの治療が好ましいでしょう。

MENU