PIC_インプラント

インプラントの1回法という術式を体験しました

左の奥歯に1本インプラントで歯を入れました。
この術式は一回法と呼ばれるものです。
もともと術式にはこの一回法と二回法というのがあることを事前の説明でうけましたが、私の選んだ歯医者さんは一回法を専門に行う医院で、お勧めはもちろん一回法でした。
これは手法が少しことなるもので、一回法では歯肉を切開してインプラントの台座を埋め込み、頭の部分だけ露出させたまま3ヶ月程度安定させて、最後の人工歯を固定させる方法です。
先生曰く、このほうが断然成功率が高いとのことでした。
まあ前歯などですと出ている部分が気になることになるのでしょうが、幸いなことに奥歯でしたので、特別不具合もなくこの方法で、進めることができました。
この方法のほうが骨と台座が付くまでの時間が短いと言われてこの方法を行う医院を選んだと言うわけです。
ちなみに二回法のほうは、一回目に台座を埋め込み、歯肉を閉じて縫合してから3ヶ月から6ヶ月安定させ、ついたところで二回目の手術を行って、また切開してアタッチメントを付け、仮歯をいれてみて安定したところで本当の人工歯をかぶせておわるというやり方で時間もかかるようです。
しかしこちらを薦める歯医者も当然おりまして正直最初は迷いました。
ただ、数箇所で話をうかがっているうちに前者のほうが圧倒的に成功率が高いという話を聞かされたため一回法を選択することになりました。
まあ今思えば、それが統計学的な根拠に基づく話だったかどうかはよくわかりませんが、実際に手術を受けた感じでいいますと一回で歯肉を切ることは終りましたので、あとはもっぱら安定するのを待つということで落ち着いた期間を過ごすことができたと思います。
こうした方法のほかにもいくつか別の方法があるようですが、骨が足りないときに足していく方法であるとか、総入れ歯用の方法があるとか、いろいろな説明も受けました。
歯医者さんによって得意なものが結構決まっているようなので、結局そこの得意手術方法を薦められるというのが率直な印象で、患者が選ぶというものではない感じがとても強くしたのを覚えています。
実際に二つ以上の方法を試したわけではないので、どちらがいいということははっきり申し上げられませんが、とにかく歯肉をあまり開けたり閉めたりしないほうがリスクが少ないのではないかというのが率直な感想です。
切開すれば新たなリスクになり固定したものが取れることもあるのは事実のようです。
なかなか微妙な作業がこの手術なのです。

MENU