PIC_インプラント

インプラント手術では入院の必要はありません

インプラントの開発が始まった30年ぐらい前までは、たしかに手術をするために入院をしていた時期もあったそうですが、今ではまったくその必要はなくなっています。
実際2年ほど前にインプラント手術を受けましたが、1時間もかからないなかで台座を埋め込むことができました。
たしかに術後安定するまで経過を見守る時間は長いものになりますが、手術までの段取りは実に完結・明快であり、部材の精度も高いことから、しっかりとした手術を短時間に行えるようになっているようです。
一方で、まだこの治療法が国内で定着してから10年ほどしか歴史がないため、正確な情報が伝わらなかったり、初期のころのイレギュラーなトラブルなどが紹介されたため、不安を覚える人がいまだに多いのは事実であり、正確な情報をみなさんに知ってもらうことがとても重要ではないかと思います。
現実問題として、ブリッジのように複数の歯をいっぺんにこの治療方法で施術するとなると、すべての歯が安定しなくてはならにことから確かにリスクが高くなり、失敗するケースがでてくることも確かのようです。
しかし、最近では症例を医師どうしでシェアしたり、情報の共有化を高める努力をされていることから、トラブルもかなり少なくなってきているということです。
東京と大阪で評判の良いインプラントのクリニックがこちらで紹介されていますので、参考までにご覧ください。

手術をしてもらった先生にも話しを聞きましたが、殆どの歯科医は入院できる施設をもっていないので、基本的には入院はしないそうです。
この方法がさらに拡大利用されていくためには、技術とか費用といったものが、より標準化して可視化されていく必要があるのだと思います。
歯科材料は今でもかなり標準化されているようですが、技術的な部分はそうとう属人的に対応しているように見え、こうした不明確な部分がさまざまな憶測や不安を呼び起こすきっかけになってししまうのであろうと思います。
だれしもがこうした方法について一定以上の理解をするようになれば、かなり誤解されている部分も大きく解消されていくことになるのではないかと思っております。
実際にインプラントで歯を入れて見ますととてもしっかりして、まるで自分の歯と錯覚するほどの使いごこちです。
ぜひこうした利便性を多くの皆さんに知っていただきたいと思います。
もう一つ課題があるとすれば、ばらつきの多い治療の金額の標準化ではないかと思います。
1本あたりの単価がもう少し明瞭で安くなれば、相当な広がりがえられることになると思います。

MENU